So-net無料ブログ作成
検索選択

エボラ出血熱の日本の報道とは? [社会]


スポンサーリンク






エボラ出血熱の日本の報道』について
よく検索されています。

発端は、アメリカ・スペインの二次感染です。
アフリカなどで発症を確認されていたエボラ出血熱ですが、
先進国で発見されたのはです。

m_eboranetu.jpg

これに対して、日本にも警戒感が強まっているようです。

そこで↓について調べてみました。


◆エボラ出血熱の日本の報道とは?


スポンサーリンク








◆エボラ出血熱の日本の報道とは?



日本の報道では・・・

「アメリカの医療関係者で感染者が出たとは言え
アメリカ国内でパンデミックになっているわけではない。
そのため日本への感染の危険性が高まったとは言えない。

しかし、医療関係者はエボラ出血熱感染を診察する可能性は
ゼロではないため、注意しておく必要はありそうだ。」

としています。


ちょっと古いデータになるのですが・・・
日本の訪日外国人数は以下の通りします

『2012年訪日外国人数ランキング』

1位 : 韓国 2,044,300人
2位 : 台湾 1,466,700人
3位 : 中国 1,430,000人
4位 : アメリカ 717,300人
5位 : 香港 481,800人
6位 : タイ 260,800人
7位 :  オーストラリア 206,600人
8位 : イギリス 174,200人
9位 : シンガポール 142,200人


意外とアメリカって少ないですよね。
しかし、2020年のオリンピックを考えると


今後、訪日外国人の数は増える一方でしょう。
韓国や中国に発症者が出たらいよいようやばいですね。。。



ちなみに今回のスペインの感染例をみると・・・
「手袋で顔を拭いただけ」で感染してしまったとのこと。


感染力・・・・強っ!!!!


では、何をしたら感染しないのでしょうか?


考えらる結果として・・・


「外に出ない」「感染者がいない田舎に行く」


でしょうね。


しかし、万が一日本で感染してしまった場合の病院は?
◆ エボラ出血熱 日本の受け入れ病院! こちらをご覧下さい。
エボラ出血熱 日本の受け入れ病院! 





    

スポンサーリンク



最後までご覧いただき、ありがとうございました!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。